心理

イラついた時ほど相手目線に立ったほうが良い3つの理由

スポンサーリンク

イラ‼️イラ‼️イラチ〜‼️

の‼️

イラ‼️イラチー‼️

イラチー‼️イライラ‼️する事ってないですか⁉️

もうっ‼️

なんで、あの人

『 あっちき〜‼️に任せておけば、

大丈夫‼️ ジョブ‼️

でございますわ〜‼️』

って言っていたから、

仕事任せたら、な〜んもしてなくって、何でちゃんとやってないの⁉️

って言ったら、

『そんな事言ってない‼️

もし、そんな事聞いたとしたら、

あっちき〜‼️の

ドッペルゲンガーが

そう言ったのよ〜‼️

めっちゃ怖いわ〜‼️』

だって〜‼️ 

いやね!言い返したいけど、

ドッペルゲンガーがそれやった‼️   

言われたら、

言い返しできないじゃない‼️   

もうっ‼️   

イラ‼️イラチー‼️でございますわ‼️ 

そうやって怒ってしまうことあるけど、

イラっとした時ほど、相手目線に立ったほうが良いよ‼️ 

えっ🤯   なーんで〜⁉️

目次  

1.  イラつきが落ちつく  

2.納得できる  

3.冷静になれる

 

1イラつきが落ちつく

  イラついている時って、

もう‼️もう‼️もっう〜‼️ 

『もう!もう!ばっかり言って、

キミは、牛なのかい?』

って思うくらいに怒ってしまうけど、

そうなっちゃうと、

イラつきが、

カッパえびOん無双(やめられない止まらない状態)に入って止まらなくなっちゃうよね‼️ 

でも、ここで一回落ち着いて

相手目線で考えてみると

自分が怒っている時とは違うものが見えるようになるの!

まず、怒る時って自分目線で起こっているので、   

相手に対しての理解がなくなっている場合が多いのです。

そして、その視点を持って相手に接すると、

一歩下がって、見ることができ、

どうして、自分自身がイラついているかの正体がつかめてきて

あんまりイラつくのもよくないな!となるんです。

 

納得できる

イライラしてる時って、相手が行なってしまった失敗やミスに対して、自分がどのように振る舞えばよいかが、わからないから、怒りが増大してしまい、イライラが増えていくのです!

ですので、逆からいえば、自分自身がそりゃ〜、そんな状態だとしたら、そうなってしまうよね〜‼️って、自分自身が納得できる状態になれば、かなりイラつきは落ち着かせられるのです!

そして、自分の目線に立って相手をみると、相手のミスばかりが目に入ってくるので、相手がミスをした時、どんな状態で、自分も同じ状態であるなら同じことをしてしまうのではないか⁉️

という事を考えると、そりゃ〜、その状態なら仕方ないよね!と自分自身を納得し、イライラを解消させる事ができるのです!

冷静になれる

  イライラしている時って、まず、相手がどうしてミスをしたという事よりも、自分自身に対して降りかかってくる不利益に対して、『あ〜!もうっ!どうすりゃいいのさ〜!』って形で悩んでしまい、そのイライラをぶつけるターゲットとして、ミスをした相手を選び、相手のミスと一緒に自分自身が今後降りかかってくるであろう不安や怒りを一緒に相手に対してぶつけている事が多いの

です!ですので、まず、相手のミスにより、自分の今後どうなるか?と言った不安と、相手がしたミスというものを切り離すためにも、まずは相手の目線に立って、自分が同じ立場であったなら、どういう行動をとり、どういう結果を出していたか?という事を考えていくと、頭の中がスッキリし、冷静になれるのです!

 

イラついた時って、どうしても相手目線に立つ事が難しいとは思うけど、相手目線に立ったほうが、自分自身が抱えている問題と相手がしたミスとを切り離して考える事ができるので、してみてはいかがでしょう?

以上

イラついた時ほど相手目線に立ったほうが良い3つの理由

についてお送りしました!

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. ハッピーバースデイの歌に隠された秘密‼︎

  2. 虹(にじ)はお天気雨の時にしかできない!

  3. 新種の水虫がやばい!!

  4. 羊を数えても眠りが早くならないだって〜Σ(゚д゚lll)

  5. 海外で禁止されている日本の食べもの!!

  6. アンアン!!アンカのアンカリング効果!!

PAGE TOP