健康

寒い時に身体を暖(あたた)めるのど〜して?

スポンサーリンク

ランランララ〜んの気分の昨日だったのに〜(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

今日になったらすんごっいい!!鼻水だララ〜!!

これって!!これって!!

これって〜〜〜!!!(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

アチキ!風邪ひいた!!

絶対!!絶対!!

昨日寒くして寝たせ〜〜だ!!

あれっ!?

でも、でも!?ちょい待て!!

ちょい待て!!私〜!!

思ったんだけど!!

寒い時身体暖めないと

風邪ひきやすいのってど〜して?ʕ•ᴥ•ʔ

 

目次

1.風邪の原因はウイルス

2.夏より冬に風邪になりやすいのは!?

3.寒いと白血球の働きがにぶくなる

1風邪の原因はウイルス

風邪って、自然発生的に

うぎゃ〜〜!!風邪になった!!ってイメージがありますが

ウイルスによる感染で起こるんです。

なので、いくら寒くても南極では

基本的にウイルスが外部より

もたらされることがないので

風邪にかかることはないのです!!      

 

夏より冬にかかりやすいのは!?

風邪って言ったら、

何と言っても冬にかかるってイメージありませんか?

でも、どうして?冬に風邪にかかってしまうんでしょう?

これの原因の一つに寒いって言うのがあるんでございます!!

えっ!?ʕ•ᴥ•ʔ

ちょい!!ちょい!!ちょ〜〜い!!

ちょっと待って!!マタンゴちゃ〜ん!!

どういうことよ!?

だって、さっきさ〜!!

風邪はウイルスによって

もたらされるものなんだから

寒さ関係ない!!!って言ったばっかじゃんかよ〜!!

これは寒さの問題とは別に!

寒いとしてしまう人間の行動によって

起こることが原因なんです!!

それは

寒いと室内にいたい!!

ってことなんです!!

寒いと屋外にいるより、自然と仕事など

屋内で作業することって多くなりますよね。

室内でいると多くの人間と近くで

接触する機会が増える為、

病原菌やウイルスに触れることが多くなるんです!!

また、ウイルス自体も寒さ自体にやられないように

ウイルス自体の表皮や外層が厚くなり、

夏場よりやられにくくなるのです!!

 

寒いと白血球の働きがにぶくなる

寒いと起こる体の現象として、血管の収縮があるんです!!

これは、冬場に足の爪先や手の指とかが

ふげ〜っ!!もうっ!

さみぃ〜!さみぃ〜!!

ってなることがありますよね。

これは末端の血管をキュッと収縮しているんです!!

この血管の収縮が起こってしまうと、

体の中で、病原菌やウイルスなどを

エイヤー!!って形でやっつけてくれる

白血球の機能が弱くなると言われているので

風邪をひきやすくなるのではないかと言われています。

風邪って!

と〜にかくひきたくな〜い!!

って思ってしまうんだけども

寒くすると白血球の働きが弱くなったりして

ひきやすい環境が整っちゃうから

風邪ひかないようにするのは難しいけど

風邪引く頻度を下げるには体を冷やさない

ようにすることって大切なんだなぁ!!

って思うんでありました。

以上

寒い時身体を暖(あたた)めるのどうして?

よりお送りしました。 

スポンサーリンク

関連記事

  1. ハグにはすごい効果がある!!

  2. 注意が必要!!体に悪い食べ合わせ

  3. 野菜の農薬気になりませんか?

  4. お風呂で正座するとダイエットになる?

  5. 健康 間違った知識!!

  6. 人に話したくなるアジサイの雑学

PAGE TOP