健康

よく化粧品で聞くセラミドって何?

お肌に良いと言われているセラミドって何?

化粧品の説明書きを見ると色々なところで”セラミド”って言葉を聞くことがあるけど

セラミドってお肌に良いものってのはわかるけど、

何がどうしていいの?

そもそも、セラミドが何か?っていうと、

セラミドは細胞間脂質と呼ばれていて、

誰のお肌にもある成分なんです。

お肌の角質層の中では、何層もの角質層の細胞が重なっているんですが、そこには隙間があるんです。

その隙間の中は水分や油分で満たされて、それによって細胞同士をくっつけているんです。

これが”セラミド”なんです。

セラミドは、お肌の髪のうるおいに欠かせない存在なんですが、

どうして、セラミドがお肌のうるおいに欠かせない存在なのかを考えていきましょう。

 お肌のバリア機能とセラミド

お肌の「バリア機能」って、聞いたことがあると思います。

このお肌の「バリア機能」は、読んで字のごとく、お肌を守る機能なんですが

お肌に対する外来刺激の乾燥やホコリといった肌荒れを引き起こす原因から

お肌を守る働きを「バリア機能」といいます。

この「バリア機能」は、セラミドと非常に関係があり、

セラミドが満たされているお肌は、「バリア機能」が非常に高く

ホコリや乾燥といった、外からの刺激に対して肌荒れしにくい状態を保つのです( ^∀^)

そして、何よりその状態ですと、お肌の表面も潤っていてキメも整ってお肌の状態が良いのです( ^∀^)

しかし、セラミドが不足すると、このお肌の「バリア機能」ってどうなっちゃうんでしょう?

セラミドが不足すると、角質層の細胞と細胞の隙間がスカスカな状態になってしまうせいで

「バリア機能」が満足いくように働かないのです。

この状態ですと、乾燥やホコリといった外来刺激ので肌荒れを起こし、

荒れやカサつきを繰り返しやすくなってしまうんです。

 



スポンサーリンク

 セラミドが少なくなる原因は?

このセラミドは加齢や気候、環境の変化といったものに

影響を受け少なくなってしまうのです。

若い時のお肌はセラミドで満たされていて、「バリア機能」も満たされていることにより、

外来刺激も受けにくい状態で、みずみずしいお肌なのですが、年齢を重ねていくと、肌が乾燥している

カサカサ肌になっていくんです。

セラミドが著しく少なくなっている状態では、乾燥肌やあれ肌などが多くなっていくんです。

鏡を見てみると、若い頃とお肌のハリが違う!!

20代の頃はお肌が水を弾いていたのに!!

なんか、鏡をみるのが辛い!!

どうしよう?

肌がたるんできて、敏感肌なのもセラミドが少なくなってきたせい??

シワシワになってきたのも、セラミドが足りないせい?

もう、こうなっちゃったら、どうしようもないのかな?

困った!!困った!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・

大丈夫です!!

物事には遅すぎるというものはないのです!!

そんな、あなたに朗報です!!

刺激が極力0なのに、バリア肌とハリを超蓄える

プロテクトクリームがあるんです!!

その名も「ABIモイストリペア」

この商品は、お肌の問題の原因となるセラミド不足を解消するための

「セラミド3」を配合しているのです!!

この「セラミド3」は角質層から出ていく水分を閉じ込める役割をするのです!!

セラミド3を配合した「ABIモイスリペア」を使用して
あなたもお肌の時間を巻き戻してみませんか?
鏡をみるのが好きな自分になるか
鏡をみるのが嫌いな自分になるかは
あなたの決断次第です!!



スポンサーリンク

関連記事

  1. 肌の老化は8割が紫外線!!

  2. 猛毒 中国産危険な食べ物

  3. ペットに危険な観葉植物

  4. 朝起きてすぐやってはいけないこと

  5. 注意が必要!!体に悪い食べ合わせ

  6. やっておきたい二日酔い対策(*゚▽゚*)

PAGE TOP