健康

夏場に疲れが出ちゃうのってどうして?

スポンサーリンク

今って、冬で超寒いんだけど、私夏の時期よりも好きなところあるんだよね〜!!』

『えっ、何で?だって冬って寒いから辛くない?』

『な〜んか、私、夏になると疲れが出ちゃうのよね〜!!だから、夏の方が嫌なんだよね!!』

こ〜んな風に、冬場より夏場の方がなんだかよくわかんないんだけど、疲れが出ちゃうってことになってる人って多いと思います!!

でも、これって気のせいだって思っていたりしませんか?

実はこれは気のせいじゃなくて夏の方が疲れやすい原因があるんです。

というのもどうしてか?っていうと、このお疲れ様の”疲れ”って実は発汗作用と関係があるんです。

発汗は汗をかくことによって、余分な熱を放出し一定の体温を保つのに役立っているんです。

この夏場にかいちゃう1日の汗の量ってどのくらいだって思います?

ほへっ?ʕ•ᴥ•ʔ

質問するってことは、ハハ〜ん!!意外と多いんだな〜!

ズバリ1リットルくらいだろう!!

違います!!

約2〜3ℓなんです!!

えぇ〜〜!!そんなに〜!!でも、それがどうかしてるの?

汗をかいた時に、蒸発する際にエネルギーが必要なんです!!

2〜3ℓもの汗を蒸発する際に消費するエネルギーは

1000k cal以上なんです!!

これって、クロールで1時間泳いだのと同じくらいのエネルギー量なんです!!

そのため、夏場は汗をかいているだけで、1時間くらいクロールしたのと同じエネルギーを消費しちゃうから何もしなくても疲れるのでございます!!

夏は疲れが溜まりやすいってのは、科学的根拠のあることなんだなぁ!!ってしみじみ実感するのでありました。

以上

夏場に疲れが出ちゃうのってどうして?

よりお送りしました。

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

関連記事

  1. 夜食は危険?夜食症候群が怖い!!

  2. 知らない人が多い鳥肌の立つ仕組み!!

  3. あなたはバランス良く食べれていますか?

  4. ハグにはすごい効果がある!!

  5. 体調が悪いのは首のコリが原因かも!

  6. 朝起きてすぐやってはいけないこと

PAGE TOP