最近流行りの”みりん”種類が多いのどうして⁉️

スポンサーリンク

『あっれ〜!?あったと思ったんだけどなぁ!

   ちょっと、みりん切らしちゃったから買ってきて〜!』

って言われて買いに行かされた人って、けっこう多いんじゃないですか〜?

そして、スーパーに行って

み・り・ん(^^) み・り・ん^_^って思って、みりんコーナーに行くと・・・・

ふっは〜〜!

『みりん』に、『みりん風調味料』、そのうえ、『みりんタイプ調味料』ですと〜〜!!(◎_◎;)

みりんって、どれ?

何この違い!

えっ、落ちつけよ!

俺っち!

はいっ!

ドゥどぅ!落ちついて!

えっ〜!?なんで”みりん”ってこんな種類ある?

でも、待てよ⁉️間違ったの買ったら怒られるし、電話しても、この忙しいのに電話しやがって〜(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾って言われたら嫌だし!

なんなん!

この『みりん軍団』(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)〜〜⁉️

そうですよね〜⁉️

みりん買いたいのに、”みりんとその愉快な仲間たち”の影響でみりんをどれがどう違っていて買えば良いのか!

よくわかんない!っていう人のために、『みりん』『みりん風調味料』『みりんタイプ調味料』の違いについて書いていこうと思います(^^)

まずは!

みりん

みりんは、日本独自にある調味料の一つなんですが、正確に言うと酒類に分類されるんです!

えっ〜!お酒なの〜?

そうなんです!本みりんは日本酒をベースに精製されていて度数は14%もあって、缶チューハイよりも高いんでございます!

ですので、通常、本みりんは煮切ってアルコール分を飛ばしてから使うんです(^^)

みりん風調味料

本みりんは酒類だから、免許の問題が出ちゃうんで、普通のスーパーや食品店でも販売できるように作られたのが”みりん風調味料”なんです!

これは、もともとがスーパーとかで販売できるようにアルコール分は1%以下なんです!

みりんタイプ調味料

このみりんタイプ調味料は、法律の中では酒類から除外されてるんですが、アルコール度数が14%前後と本みりんと同じくらいあるんです∑(゚Д゚)

えっ!でも?どうして?酒類じゃないの〜?

これはみりんタイプ調味料が

食塩を2%以上加えて変成してあるからなんです!

このみりんタイプ調味料!アルコール分が高いので、煮きって使わなければならないんです!

つまり!まとめると、みりんとみりんタイプ調味料はアルコールがあるから、煮切って使う必要があるけと、みりん風調味料はアルコールがないから、に切らなくてもよいという違いがあるんです!

意外と知らないみりんの世界!

みりんの話をすると、ふっへー⁉️物知りさんですなぁ!って言われるかもしれませんね!

以上

ホントは知りたいみりんの秘密

よりお送りしました!

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。