料理屋さんの前の盛り塩って何の意味?

スポンサーリンク

料理屋さんの前を通りかかると、玄関先のところになぜか盛り塩が置いてある光景!こういったのを目にした事ってないですか?

あ〜!そう言われてみると、な〜んか見たことあるなぁ!

玄関先の盛り塩!

あっ、でも、盛り塩って邪気を払うとかだから、お清めのためなんじゃないの?

そう思い込みがちなんですが、違うんです!

えっ、魔除けじゃないの?

じゃ〜、なんでなの?

じつは、この風習って歴史は古く、お話は古来中国にまで、さかのぼるのです!

昔の中国の皇帝は妾(めかけ)!今で言うところの愛人が3000人くらいいたんです!

うっわ〜!というより、えっ!マジか〜!って思ってしまうくらいの数なんですけど、妾(めかけ)のほうも皇帝の寵愛(ちょうあい)を受けたい!って思うけど、ライバルが3000人もいると、寵愛を受けられるのは、まるでアイドルオーディション並みの難易度になってしまいますよね!

そうなると、うっわ〜!マジかー!こんなライバルだらけの中、皇帝の寵愛を受けるなんて、無理でございます!ってなってきますよね!

でも、昔の頭の良い妾の人は閃(ひらめ)いてしまったのです!そう!悪魔的な発想力である方法を(^∇^)

玄関にピラミッド型に塩を盛り上げるという方法なのです!

はっ〜⁈

玄関に塩をピラミッド型に盛り上げるのと、皇帝の寵愛を受けられるのと、あ〜た!どういう関係があるのよ!

それが、関係あるんです!

皇帝は妾の家に歩いていく訳じゃなくて、牛車で移動しているのです!

牛!

牛といえば草食動物で草食の動物は塩がないと生きていけないので、塩が大好物なのです!

だから、盛り塩を見つけた牛は、俺の大好物の塩がいっぱい盛られた形であるぞ!こりゃ〜!食わないと!ってなって、盛り塩が置いてあるところで塩をなめだすのです!

舐めてる間は当然、そこに止まるわけなんで、きて欲しい皇帝に来てもらう事ができるのです!

この由来より、料理屋さんのまえで盛り塩を置くのは来て欲しいお客様を招きよせるおまじないとして盛り塩をするのでございます!

以上

料理屋さんの前の盛り塩って何の意味?

よりお送りしました!
にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。