意外と知らないカメムシさん:(;゙゚’ω゚’):

スポンサーリンク

カメムシって、部屋の中に気づかない間に入ってきて、気づくと、いつのまにかカーテンのところに止まっている。

僕は、カメムシを恐れながらも右手にティッシュペーパーをつかんで、そっぅーっと、そっぅーっと!近づいて、刺激を与えずに、ゆっーくっり、ゆっーくっりっと、カメムシが動かないのを確認しながら、右手に持っていたティッシュペーパーで、エイヤ!って掴んで一瞬の間に窓の外に逃がすという作戦をしたが、カメムシはあの悪魔の悪臭を放ってきたのであった。

そう、あの!おぞましき悪臭である。

そして、部屋中が死の空間へと変貌を遂げた・・・

カメムシを知っている人間なら、こんな体験を経験したことがあると思います。

カメムシっていえば、匂い!

1にも2にもあの危ないカメムシたちの匂い!

あの匂いは、ある意味革命的な匂いでございますよね!

この匂い!

他の生き物にだけ、届いて、カメムシは匂いは平気なんじゃないかな?って思ってませんか?

カメムシはあの匂いを出すわけなんだから、自分の匂いに対して強い!って、みんな思ってませんか(^∇^)

しか〜しʕʘ‿ʘʔ

カメムシはあの匂いがじつは苦手なんです!

狭い入れ物、まぁ、お菓子が入っていた箱みたいなものをイメージしてもらって、この中に何匹ものカメムシをゴソっと複数匹入れて刺激する。

こうして、刺激するとカメムシはビックリして、あの強烈なすごい匂いを出すんです!

そして、この匂いが強烈すぎて、カメムシは自分たちの匂いで死んでしまうこともあるんです。

本当、ビックリですよね‼️

あの匂いを出すくらいだから、あの匂いを本人は平気って思ってしまうけど、あの匂いが苦手ってなんか不思議ですよね!

以上

意外と知らないカメムシさん:(;゙゚’ω゚’):

よりお送りしました!

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。