心理

SNSの闇 醜形恐怖症!!

スポンサーリンク

あなたはSNSを利用していますか?

今SNSを使っていない人を探す方が難しいかもしれませんね!!

国内の月間アクティブユーザー数が2,000万人を超えていて若者を中心に特に利用者が多いのがインスタグラム「Instagram」

自分の顔を加工する人はかなり多い

自撮りの練習をした事がある人は70%以上もいて、セルフィー写真を撮った後写真を加工をする人が80%を超えるほど多いんです

 

今ある病気が問題視されはじめている!!

醜形恐怖症

自分自身の容姿に対してゆがんだ見方を持っていて、それにとらわれる精神疾患の身体醜形障症 BBD

次第に自分の顔が嫌になっていくんです!!

何度も鏡を見て顔を確認し、自分の外見について人に尋ねたりといった強迫行為を繰り返してしまう

こうなりたいと願う自分の理想と現実とのギャップに衝撃を受けてしまいコンプレックスに陥ってしまうことが発症の原因なんです!!

過度な自撮りは危険かも

 

自撮りをSNSに1日10回以上しているという人はすでに将来的に精神疾患にかかる可能性を高めている

自撮りは自己陶酔や自尊心の低さといった精神的にネガティブな要素を引き出してしまい精神疾患の原因になる可能性が高くなる

発症者は男性より女性が多い

12~13歳ころの思春期の発症が多いとされていて男性よりも女性に多い傾向がある、普通以上の美女やイケメンであることが多いんです!!

 

こうなりたいやこうでありたいという願望は誰にでもありますが多く求めすぎるときずかぬうちに病気になってしまうこともあるので気をつけましょう!!

 

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

関連記事

  1. 野菜の農薬気になりませんか?

  2. 海外でやってはいけないこと

  3. ヒトが悪態つくのも理由があったΣ੧(❛□❛✿)

  4. 梅雨こそ食中毒に注意!!!

  5. 寝相でわかる隠れた性格!!

  6. コンビニのおにぎりが小さくなっている

PAGE TOP