生活

熱中症より怖い夏血栓!!

スポンサーリンク

夏に心配なのは実は熱中症だけでなく、夏血栓という病気もあることをあなたは知っていますか?

夏血栓とは

血栓とは血の固まりのことで血栓ができただけでは特別な症状は出ませんが

これが血管をふさぎ、血流が滞ると、臓器に血が流れなくなってしまいます!!

結果的に末梢臓器の細胞が死ぬことを梗塞と言って血栓が詰まる場所によって脳梗塞や心筋梗塞となってしまう

なぜ夏がついている?

血栓症の中で夏に起きるものを夏血栓と言う、なぜ夏だけなのかというと血栓が発生しやすい時期が夏だからです!

発汗によって脱水状態になってしまうと血液がドロドロになり血管が詰まりやすくなる

また、アルコールの利尿作用で体の水分が失われてしまうと血液が固まりやすくなってしまうため真夏の暑い日に冷たいビールを多量に飲むと血栓ができやすくなる

初期症状は熱中症と変わらない

初期症状が熱中症と同じでめまいや倦怠感、頭痛 そしてまひが起きて手足が動かなくなる

しゃべりづらくなる、ろれつが回らなくなる等の症状が起こる!

熱中症の死亡率は0.5%だが夏血栓の死亡率は最大で30%にもなるといわれている!!

対策方法はまず水分をしっかりとる、同じ体制でいることをなるべく避ける

デスクワークの方は1時間に1度は席を立ったり軽いストレッチなどをするといいです

食事も血液をサラサラにする食べ物を積極的にとるように意識しましょう!日頃から青魚や納豆など血液をサラサラにする食事をとることを心がけよう!

 

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

関連記事

  1. よく化粧品で聞くセラミドって何?

  2. 体調が悪いのは首のコリが原因かも!

  3. 知らないと損してるかもガソリン代が超お得に!!

  4. SNSの闇 醜形恐怖症!!

  5. 理想の芸能人のようなスタイルになれる!!

  6. ゴミで得する人が増えている!?

PAGE TOP