緑があると涼しくなる\(^-^)/

スポンサーリンク

最近流行りの緑のカーテン!!

建築物の壁面に植物を育てていくと日光を遮(さえぎ)ることができるので、近年環境にも負担をかけなくて良いとされています!

その緑のカーテンですが、緑のカーテンは日光を遮るだけではなく、植物の蒸散(じょうさん)作用で周辺の温度を下げてくれることもあるため、とても良いのです!

えっ!?

蒸散作用?

何!それ?知らない?

蒸散作用っていうのは、植物の葉や茎から水蒸気が放出される現象なのです!

これの何が良いか?というと、僕らが夏に大きめの商業施設に行くと、ミストシャワーが置いてあったりして気持ち良いですよね!

蒸散作用は自然の力で行うミストシャワーのようなものなのです!

どういうことかというと、植物って気温が高い日の当たっている時に、熱でやられなくするために、葉の表面温度を下げるんです。

その方法は、葉の裏にある気孔(きこう)を通じて、水蒸気を出すんです!

その時、気化熱という液体が気体になる時に、液体が触れている周囲にあるものの熱を奪う現象を起こすため、葉の表面と周辺の温度も下げるのです!

つまり、植物を壁にはわせる緑のカーテンは夏の涼を感じるのには良いのです!

暑さ対策に、日差しよけと蒸散作用を期待して、この夏ゴーヤやヘチマなどを植えてみたらいかがでしょうか?

以上

緑があると涼しくなる\(^-^)/

よりお送りしました!

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。