教養

ジャンケンから、ヘビ、ナメクジ、カエル

スポンサーリンク

ヘビ、ナメクジ、カエル!

この動物たちは素手であんまり触りたくない人が多いと思います!

しかし、この一見共通点のないものからあるものが作られたのです!

それは、なんと!

ジャンケンなのです✊✋✌

えっ🤯!

ビックリですよね⁉

ヘビ!ナメクジ!カエル!

関係なさそうなのに、何で?って思うのでお話しましょう(*゚▽゚*)

中国には、ヘビ🐍ってナメクジが怖い!ってのがあり、ナメクジはカエルが怖い!ってのがあり、ヘビに、にらまれたカエルのようにカエル🐸はヘビを怖がる!って言い伝えがあるんです!

これが日本に伝来され、江戸の時代になる頃、町民がこれを聞いて、これって構造としては絶対的にこの生き物がずば抜けて強い!ってのがいない3すくみの状態だなぁ!って思ったのです!

3すくみだと、それぞれに強さと弱さを持っていて、それを認め合うことが大事なんだなぁ!と本質の部分にたどり着き、そういう事なら!って形で日本式にアレンジしたのが今のジャンケンなんですΣ(゚д゚lll)

また、江戸の町民たちは、グー、チョキ、パーを自由に選ぶのは、自らの責任で、勝ち負けも自分の才能と運頼みというところも、自分が主体として生きていた当時の町民たちの気質とも合い、受け入れられていった原因だとも言われています!

ジャンケンと、ヘビ、ナメクジ、カエル。

一見関係なさそうに見えるものでも実は関係があった!

私たちの周りにも、一見関係なさそうにみえるところに、あなたの人生を変えるような大きなものが潜んでいるかもしれませんね!

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

関連記事

  1. 笑いは身体に良いんです(*゚▽゚*)

  2. 同質効果って知ってる〜?

  3. 実は江戸時代から使われてる若者言葉

  4. 風はどこからくるの?

  5. 君はあの”山梨シルクセンター”を知っていますか…

  6. あなたも知りたいヤッホー!という理由!

PAGE TOP