都市伝説

口裂け女と塾の意外な関係Σ(゚д゚lll)

スポンサーリンク

夜道で、突然マスクをした女性が『私、キレイ?』と聞いてくる!

『はい』と答えると女性が『これでも?そうなの?』と言って、マスクをとる!

すると、マスクをとったその口元は、口が耳まで避けている!

こんな、口裂け女のお話ですが、べっこうアメをあげると助かるとか、100メートルを3秒台で走り『ポマード』というと口裂け女は逃げると言ったりされていましたが、まず、100メートルを3秒台で走れたら、世界新記録を大幅に更新できたり、けっこう難易度が高いですよね!

この口裂け女の話って、怪談のお話としては、比較的に誰もが知ってるイメージがあると思うんですが、どうして広まっていったんでしょうか?

口裂け女って、そもそもいつくらいからあるお話かというと、1970年代後半と言われていて、ここには、なんと『塾』が関係しているのです!

口裂け女にはCIAが関与したなど諸説あるんですが、有力とされているものに、岐阜の塾に行けない貧しい家庭が関与していたとされるのです!

1970年代後半は日本の子供の世界にはある戦争がぼっ発していました。その戦争とは受験戦争という戦争です。

その受験戦争のアオリを受けて、みんな学校が終わってから、塾に通って、また勉強するという『ガリ勉スタイル』を子供達はこなしていました。

そんな時代背景で、塾に行けない子供は周りと同じようにしたいから、お母さんに『僕も塾に行きたいよ!』と言うのですが、行かせたくても行かせられないお母さんは、お金がないから、あんたを行かせられない!ということも出来ずに、『うーむ!?』と頭を抱えて、ある考えが浮かんだのです!

そして、子供にこう言ったのです。

『塾って終わるのが遅いでしょ!夜遅い時間って危険なんだよ!なんでか知ってる?夜遅くの時間になると口裂け女が出てあなたを襲ってくるから危険なの。口裂け女に会いたい?会いたくなんかないよね?口裂け女に会うかもしれない塾なんて行かないほうがいいの!だから、あなたを塾に行かせないんだよ!』

お母さんの苦し紛れのウソでしたが、これを信じた子供は学校へ行ってそれを話して、それを信じた子供が塾で話して塾は学区外からの友達もきていたりするので色々と広まっていきました。また、その当時は、お父さんの転勤に合わせて、家族で違う土地に行く事も多く、違う土地でもインパクトのある口裂け女の話が伝わり、全国に広まっていったとされています!

口裂け女と塾!

一見なんの関係もないような、二つのことが交わると新たな世界が生まれるような気がするお話でございます!

以上

口裂け女と塾の意外な関係Σ(゚д゚lll)

よりお送りしました。

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

関連記事

  1. 日本地図から消された毒ガス島!!

  2. 中国の闇 子供が親を捨てる!?

  3. 人間が持つ驚きの特殊能力

  4. リンカーンは自分の死を夢で見ていた!

  5. 聖徳太子の預言!!

  6. 死を予言する 猫のオスカー!!

PAGE TOP