サメが泳ぐ理由!

スポンサーリンク

サメって泳いでいないと沈んでしまうって知ってま〜し〜た〜?

サメって言えば、凶暴な肉食で人間が襲われるって、そんなイメージがあるサメなんですけど、サメってじつは、泳ぐのを辞めてしまうと沈んでしまうのです!

えっ!

そうなんだ!

でも、他の魚は沈んだりしないの?

基本的に魚の多くは、体内に『浮き袋』という、水の中にいても浮かんでいられる便利なものを持っているので、動きを辞めても浮かんでいられるのですが、サメはこの浮き袋を持っていないため、泳ぐのを辞めてしまうと、どんどん沈んでしまうのです!

あっ、でも魚だから、沈んでしまってもそれほど、困んないんじゃない?

海って浅いところなら、それほど問題にはならないですけど、深いところは1万メートル以上あるので、深海のほうに行ってしまうと、生態系も違うし、サメも困ってしまいます!

その為、サメは来る日も来る日も泳ぎ続ける訳なんです!

泳ぐのを休んで、ゆっくり眠るということもないのです!

なんか、寝る間もおしんで、泳ぎ続けるというと、なんか凄い働きもののように、感じますが、サメにしてみると

デット オア スリープ

なわけだから、大変極まりないですね!

以上

サメが泳ぐ理由!

よりお送りしました。

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。