海がマンボウだらけじゃない理由(๑•ૅㅁ•๑)

スポンサーリンク

3億!

この言葉を聞くと、どんなことを想像しますか?

宝くじの当選金額?

いえ、違います!

これは、マンボウが出産で産む卵の数なのです(๑•ૅㅁ•๑)

はへ〜!

マンボウって、あの超デカくてユラユラしてる、あのマンボウ!?

あれって、そんなに卵を産むんだぁ(´⊙ω⊙`)

でも、そんなに産んだら、海がマンボウだらけになりそう(๑>◡<๑)

あっ、それより、あんまり、マンボウのこと知らないから、このさい教えてよ(^-^)

はい!

マンボウは温帯から熱帯の海にいて、全長が1.8mもになる巨大な硬骨魚類と呼ばれる魚なんです🐟

このマンボウなんですけど、始めに書いたように卵をいっぱい産みます!

その大きさが、どのくらいかというと、

なんと

約 1.5mm

なんです(๑•ૅㅁ•๑)

えっ🤯

めっちゃ小さくない?

そうなんです!

すっっごっっく!!小さいのでございます!

なんで、めっちゃ海の生き物に補食されてしまうわけなんです(๑•ૅㅁ•๑)

卵で食べられなくても、ふか(孵化)した段階では、急に大きくなる訳ではなく、大きなマンボウのあのユラユラしたイメージを想像してもらうとわかるように、小さい段階であのユラユラした感じでゆっくり動作の為、子供の段階でほぼ、ほぼ、食べられてしまうのです(๑•ૅㅁ•๑)

そうすると、大人になれるマンボウってどのくらいか?

というと、二匹くらいなんです(๑•ૅㅁ•๑)

ズバリ!

3億分の2なんです!

これって、宝くじ1等が、当たるよりも確率が低い訳だから、大人になったマンボウはこの激しい生存競争に勝ち残ったエリートマンボウ!

略していうならば!

エリボウ!

エリボウなんです(๑•ૅㅁ•๑)

今度から、マンボウを見る時は、エリボウさんって目でマンボウを見ちゃうって思いました!

以上

海がマンボウだらけじゃない理由(๑•ૅㅁ•๑)

よりお送りしました!

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。