タヌキの奇妙なクセを知ってますか?

スポンサーリンク

『タヌキ寝入り』って言葉あるけど、タヌキのクセから、この言葉になったの知ってますか?

タヌキ寝入りって、本当は起きているんだけど、寝たふりをする事を言うんだけど、実際にタヌキもタヌキ寝入りみたいな事をする事があるので、この言葉ができてきたんです。

そんな、『タヌキ寝入り』で有名なタヌキですが、あなたは、タヌキについて詳しくないと思うので、簡単にタヌキについて説明しますね!

タヌキは体長約55cmで東アジアの森林にすんでいるイヌ科の夜行性の哺乳類で、森林や湿地などの生息に有利な胴長短足の体型をしています。

では、そもそもどうしてタヌキ寝入りという言葉ができたかというと、タヌキはすぐに気絶してしまうことに由来しているのです。

それは、りょうし(猟師)さんが、タヌキを狙って、タヌキに銃を撃つと、凄い大きな銃声って聞こえるじゃないですか?

銃弾に当たってないけど、その銃声に、おどろ(驚)いたタヌキが

はわわわぁ!はわわぁ!

ってなってしまい、パタン!って気絶してしまうのです!

まぁ!当然、りょうし(猟師)さんは、よーし!タヌキ仕留めたぞ!って思って見に行くじゃないですか?

そして、タヌキを捕まえようと、近づくと気絶から覚めたタヌキが、あっ!ヤバイ!なんかデカイ奴がやってきた!

ってなって、あわ(慌)てて逃げだすのです!

そうすると、猟師さんは、『あのタヌキ!油断しちゃったじゃないか?死んだふりしやがって!チッキショー!』ってなり、その事から、タヌキが死んだふりをするイコール寝たふりをするとなって、タヌキ寝入りとなったのです。

ただ、現代社会では、タヌキのこのすぐに気絶するという能力も交通事故に巻き込まれる危険もあるため、タヌキにとってはちょっと困りものの、能力のようです!

以上!

タヌキの奇妙なクセを知ってますか?

よりお送りしました!

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。