おしどり夫婦のおしどりに隠された悲しい由来!

スポンサーリンク

あなたも一度は聞いた事があると思うおしどり夫婦( ^ω^ )
このおしどり夫婦のおしどりって何?Σ(-᷅_-᷄๑)
って思ってる人もいると思うので、書いていくと、おしどりって呼ばれてる鳥がいるんです(^。^)
この、おしどりは東アジアに生息しているカモ科の鳥なんです!
冬になると、オスとメスがペアになり、仲睦まじくラブラブな雰囲気で、寄り添っています。
だから、仲良し夫婦って事でおしどり夫婦なんだぁ!
って思った、そこのあなた!
じつは違うんです!

えっ!じゃぁ、何?

おしどり夫婦の由来は遠く中国の群雄割拠していた春秋戦国時代まで、さかのぼるのです!
宗という国に康王という王がいて、その家来に韓憑(かんぴょう)というものがいて、韓憑はとても美しい奥さんと結婚していました。
そんなある日、康王が権力で韓憑の奥さんを奪ってしまったのです!そんなことが起こった韓憑は生きる気力を失ってしまい、死んでしまいます。それを知った美しい韓憑の奥さんもあまりのショックに、『夫と一緒に葬ってほしい』という遺言を残して、後追い自殺をしてしまいます。

宗の国の民は、みんな可愛そうに!と、同情しましたが、この事態を招いた張本人に康王は、何でお前らかなしんでるんだよ\\\٩(๑`^´๑)۶////と怒り、わざと墓を向かい合わせに作り、『一つになれるものならやってみるがよかろう!』と、血も涙もない事を言い放ったのです。

そして、そんな事があった翌日、墓の下から梓の木が生えてきて、まぁ!なんということでしょう!

10日ほどすると、二つの木は枝が繋がり、根は一つに絡まりあってるのですΣ(゚д゚lll)

そして、どこからか、おしどりの夫婦がやってきて、夫婦の墓を守る木の上で、つがいになっているおしどりが、まるで二人のこの悲劇をなげいているかのごとく、1日中鳴き続けたのです!

これが、おしどり夫婦の由来なのです!

韓憑夫婦が、おしどりに生まれ変わって、人間だった頃のことを思い、鳴いていると思うと切ないですよね!

おしどり夫婦のように、生まれ変わっても一緒だよ!って思える相手と巡り合わさったら幸せなんだろうなぁ!ってシミジミ思ってしまいました(●´ω`●)

 

スポンサーリンク

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。