車の室内灯が交通違反になるかも?

スポンサーリンク

あなたは車を走行するとき室内灯をつけっぱなしで走ってませんか?

もしかしたらその行為違反になるかもしれません!

夜間の運転は危険が多い

夜間走行では昼間と違い危険が多くあります 車のヘッドライトで起こる蒸発現象や危険の見落とし!

カーブしている場所であっても昼間だったら見やすい道路も夜間には直線だと錯覚したりすることもある

死亡事故が起こる割合を昼夜別にみてみると夜間は昼間に比べ約3倍にもなってしまうんです

室内灯が危険性をあげてしまう

夜間に室内灯をつけて走行すると明るい車内から暗い外が見えにくくなってしまい

車内の様子も車の窓に映って外が見えにくくなるんです!

暗いところから明るいところは良く見えるんですが反対に

明るいところから暗いところを見ると暗いところはかなり見えづらくなってしまう!

危険性が上がってしまうため交通違反になる

道路交通法70条「車両等の運転者は当該車両等のハンドルとブレーキその他の装置を確実に操作して道路、交通及び当該車両等の状況に応じて他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない」として車両等の運転者の安全運転義務を定めています!

室内灯をつけて走行すると交通事故を起こす危険が高まってしまいます!

なので夜間に車内灯をつけながら走行することは安全運転義務に違反する違法な走行方法になってしまうんです!

バスは室内灯つけて走行は大丈夫

路線バス等については乗客の安全を確保しなければならないこともあって

夜間道路を通行するときは室内灯をつけなければならないとされている為大丈夫なんです

 

知ってるようで知らない交通ルールですよね!!

 

 

 

スポンサーリンク

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。