くすぐったい!に隠された人間の本能

スポンサーリンク

あなたはくすぐられるって考えたらどんなこと思いますか?

くすぐられると我慢できずに笑ってしまいますよね!

足の裏やわき腹をくすぐられるとたまらなくくすぐったいですよね誰でもやられた経験一度はありますよね

不思議と自分でくすぐっても何も感じない

人にくすぐられるとくすぐったく感じてしまうのに自分で自分をくすぐっても不思議と何とも感じない

その理由は

脳の予測にあったんです!!

自分でくすぐる時は微妙な動き方も自分の意思でやっているので全て予想どおりの動きになっているからくすぐったくないんです

じつは人間の体は

くすぐったさを感じる器官を持っていないんです!

人間の皮膚には触覚、痛覚、圧覚を感じる器官はあるんですけど、くすぐったさを感じる器官はないんです

痛覚に与えられた微量の情報がくすぐったいと感じさせている

なぜ人はくすぐったさを感じてしまうのか?

くすぐったいと感じる部分は動脈が皮膚の近くを通っていてけがをすると多量の出血をともないかねない危険部位!!

付近には自律神経も集まっていて外部からの刺激に対して敏感になってるんです

生命にとって危険かも?と錯覚して自律神経が過剰反応して笑いになってしまうんです

くすぐったいという感覚で人間は大切なとこの防御を高めているとも言われている

くすぐったいという感覚は体を守るためのサインだったんですね!!

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。