サンフランシスコ講和会議と仏の言葉!

スポンサーリンク

1951年に行われたサンフランシスコ講和会議って知ってますか?この会議は第二次世界大戦で負けた日本と講和条約を結び、その独立を認めるかどうかを話し合う会議なんです。

この会議ではアメリカは日本の独立を認め、ソ連は分割統治を提唱していて、意見がぶつかっていたため、イギリスの意見が重要となっていたのです。

そこで、イギリスは戦争被害にあったアジア諸国の意見を聞くことが大事じゃないか?と提案したのです。そして、アジア諸国がこの会議に参加するようになったのです。

そして、会議ではアジア諸国も招き入れられ、スリランカ代表のジャヤワルダナ大倉大臣の番になった時、大臣は仏教の中の法句経から一文を引用し、『怨みは怨みによって果たされず、忍を行じてのみ、よく怨みを解くことを得る』と話し、日本に対して賠償請求権を放棄する趣旨のこと、そして、他の国にも寛容な精神を求めたのです。

その結果、晴れて日本は独立国家となったのです。

ジャヤワルダナ大倉大臣の言った事の意味は、わかりやすくいうと、怨みは忘れてこそ鎮まるものである!という事で、自分を罵った、自分を笑った、自分に嫌がらせしたなど、自分は悪くないのに、嫌な事された!という意識に囚われ続けている間は怨みは鎮まる事がないのです。ですから、そんなものに執着し続けていないで、怨みは忘れてしまいなさい!という事なんです。

怨みといえば、怨みを残して死んでいった四谷怪談のお岩さんは幽霊になって復讐を果たしましたが、四谷怪談の舞台をする時には役者さん達は必ず先にお岩さんのお墓まいりをしないと祟りがあるので、お墓参りをするそうです。

祟りがあるという事は、復讐を果たしましたが、お岩さんのなかでは怨みはまだ消えてないのかもしれないと考えると、物悲しいような気持ちになります。

人を怨んで気持ちがよくなる事はないので、怨みの気持ちが心に沸々と湧き上がる時には、怨みは忘れてこそ鎮まる!と心に念じ、早く忘れてしまう事が大切だなぁと思いました( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。