日本地図から消された毒ガス島!!

スポンサーリンク

かつて日本に毒ガスを製造していた島があった

毒ガス兵器という国際的に禁止された兵器をつくっていた為戦争中この島は地図から消されていました

周辺の島々も地図から消され海岸線を走る列車の窓は鎧戸が下ろされていたみたいです

その島の現在は?

うさぎの楽園 大久野島

となってうさぎ好きにはたまらない島になってるみたいです

一時間くらい歩けば一周できる小さな島にウサギが500匹放し飼いにされていて気軽に可愛いうさぎと遊べる

この島のうさぎはかなり人懐っこいので、エサを持ってたりするとうさぎの方から走ってやってくる可愛いくて連れて帰りたくなるくらい愛くるしくなってきます

島内は許可車以外の自動車やオートバイは走行が禁止されてる為ほとんど走っていません

うさぎにとっても危険ではないのでいいですね

 

毒ガス島としての歴史は?

1929年から終戦まで毒ガス兵器を製造していた、化学兵器製造拠点でもありました

生産された毒ガスの総量は6,616トンといわれていて、終戦後に大久野島に残った毒ガスは3,270トンで廃棄方法は海洋投棄、焼却処分、地中処分と言った方法で処分されたみたいなんですが

今でも島から高濃度のヒ素が見つかるなど島の隅々では安全が保証されていないところもあります

環境省によってほとんどが立入禁止になっています

うさぎと毒ガスの関係って?

なぜウサギがいるのかというと毒ガス工場時代に実験用にウサギを使っていて、生き残りが野生化して、温暖な気候と天敵がいないというかなりいい好条件によって繁殖してしまった

実験に使われていたウサギは安楽死させられたみたいなので現在のウサギとは無関係との説もあったり実際のところは全くわからないです

どっちもありそうなんですけどね

 

今はうさぎの楽園なんて呼ばれてる可愛いうさぎがたくさんいる島なんでうさぎ好きは行ってみたいところですね

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。