嫉妬と欠乏感!

スポンサーリンク

嫉妬は欠乏感から生じるという話を聞いたことがありませんか?
実は、嫉妬の感情は欠乏感から生じると言われているのです。
例えば、外食でレストランに入った時に、誰しも、一度は、『隣に運ばれてくるあの料理、美味しそうだなぁ!、あっちにしとけば良かった!』っていう経験をしたりしたこと事ってあると思います。
でも、自分で注文したメニューと見たこともない他人とのメニューを比較してしまうのでしょう?
ここには、実は自分でも気づかない心理状態があるのです。
嫉妬するには、まず相手がいないとできないため、他人との比較から始まります。そして、比べていると、自分に何が足りないかがわかりはじめます。そして、足りない自分を補った『理想の自分』を作りあげ、『現実の自分』とを比較してしまうのです。

理想の自分に関しては、なってない自分の為に、イメージが脳内でうまく再現されない為、それに近い形にいる他人と比べてしまえば、違いがわかりやすく現れてくる為に、友人、上司、部下、恋人など、自己を投影した他者を比べてしまうのです。
その時に、比べた相手が凄い良い資質やお金など、自分が持っていない自分の欠乏感を満たしてくれる何かを持っていると嫉妬が起こってしまうのです。
まぁ、誰しも、満たされている人っていないと思うんで、嫉妬してしまうって仕方ないのかなぁって思いました!

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。