教養

本人が亡くなると持っている口座はどうなるの?

スポンサーリンク

桜の花も散って葉桜となってしまった今日この頃ですが、皆さまはどうお過ごしでしょうか?

本人が不慮の事故などで亡くなったりした場合、その人が持っている銀行の口座がどうなるかについて話していきたいと思います。

まず、結論からいうと銀行口座は、その人が亡くなったことを銀行が知った時点で凍結されます。これは、相続の内容が決まる前に、相続人が勝手に引き出すのを防ぐためなんです。

ですので、もし、電気やガス、水道料金の引き落とし口座が凍結してしまうと、残高がいっぱいあっても引き落としができないという自体になってしまうのです。

これは大変困った事態です。なので。電気、ガスといったライフラインは生活に支障をきたすので早めに名義変更するのが大切になります。

転ばぬ先の杖、備えあれば憂いなし!といったように、日頃から生活費として現金を持つといったことも大切ですね(^∇^)

世の中は、何が起こるかわからないものです。何かが起こる前に対策を練るということは何かあっても素早く対応できるという事にもなるので日頃からいざという時の対策を考えることは大事なことだなぁ!って思いました!

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

関連記事

  1. 戒律の戒と律の違いとは?

  2. スポーツ賭博 解禁!!!

  3. 知ってそうで知らないAIについて!

  4. 仕事場に怠け者が必要な理由!!

  5. ハンドバック アフリカの子供救う

  6. 飲みかけのペットボトル 車に放置は危険!!

PAGE TOP