失敗しない海外旅行基本的なマナー

スポンサーリンク

国によって文化が違うので自国の常識で考えてわいけない

しらなかったでは済まされないことがあるので、行く先のガイドブックなどで最低限のマナーをチェックしてより良い旅をしましょう

海外での基本マナー

挨拶

挨拶は世界共通のマナー

ホテルのエレベーターなどでほかの客と乗り合わせたときは挨拶をするようにしよう

機内でもレストランもです、挨拶をするだけでサービスが違ってくることもあるんです

相手に迷惑をかけてしまったときはSorry

人に呼びかけるときはExcuse me

これわしっかり覚えときましょう

写真を撮る場所

むやみやたらに写真を撮らない肖像権を問われる危険性もあります

子供や動物についても同様の注意が必要なんです

空港、鉄道の駅舎や列車、橋なども、軍事機密になっていることがあるのでしっかり確認して撮りましょう

レストランでのマナー

予約は必ず入れよう

海外の中級以上のレストランは予約制が一般的です

席のリザーブは電話やメールで行います

地元で評判の人気店だと予約なしでは断られるケースが多いんです

勝手に席についてはだめ

セルフサービスの店以外は基本勝手に席についてはだめ

案内されるまでは待ちましょう

子供の同伴は不可

海外では大人と子供の空間、時間が明確に区別されているんです

高級レストランでは幼児、低年齢の子供の同伴は不可のところが多い

チップのマナー

海外では、レストランやホテルなどで、受けたサービスの見返りとしてチップを渡す習慣があります

ホテルでベルボーイ、コンシェルジュ、ドアマン、クローク、ルームキーパーなどからサービスを受けたら、2ドル程度のチップをわたすようにするのが礼儀なんで覚えておきましょう

会話のマナー

旅先で外国人と話すときは政治的な話はあまりしない、宗教の話もあまりしない方がいいです

親しいくないのに目の色や髪の色など身体的な特徴について話すのはマナー違反になってしまいます
欧米人は、ハグやキスなど、スキンシップに抵抗がないように見えるんですが

親しい間柄だからやっているだけなんでそこわ注意しましょう

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。