ハッピーバースデイの歌に隠された秘密‼︎

スポンサーリンク

誕生日に必ず一度は聞いたことのある、『ハッピーバースデイ トゥー ユー !ハッピーバースデイ トゥー ユー!ハッピーバースデイ ディアー 〇〇 ハッピーバースデイ トゥー ユー!』この歌は、ギネスブックにも世界で一番歌われた歌として名高い『ハッピーバースデー・トゥー・ユー』という歌なんです(^∇^)

この曲が、有名になったのはJFKで有名なケネディ大統領の誕生日に、マリリン・モンローが歌った事がきっかけでみんなに知られたんですが、この曲には浸透するまでにちょっともめたりしていたんです。

どういうことか?というと、この曲には元の曲があって、幼稚園児が朝の会で歌うために作られた曲で、『グッドモーニング・トゥー・オール』って歌だったのです。その作詞・作曲者はミルドレッドヒルとパティヒルの姉妹で1893年に発行された幼稚園歌集に載っているくらい有名だったんですが、姉妹の許可を取らずに、勝手に2番が作られてしまって、それがこの『ハッピーバースデー・トゥー・ユー』なんです!

当然の事なんですが、勝手に2番が作られた事に怒ったヒル姉妹は出版社を相手に裁判をおこしますが、勝手に作られた2番のほうが有名だから、著作権はない!との理由で裁判に負けたのです。

なんか、勝手に作られた2番が有名だから、訴えが棄却されるっていうのは、なんか皮肉じみてますね!

あっ、ちなみに日本でのこの歌の著作権は2005年に切れてますので、僕らが歌ったとしても訴えられたりするとかはないんでご安心を(^∇^)

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。