野良猫って普段はどこにいるの?

スポンサーリンク

今日は買い物にに出かけて、山道を降っていたら、

排水溝のあたりから何かいる雰囲気がある。

何かいるけど何がいるんだろう?

って思って、近づいて見ると、猫がいました( ^ω^ )

猫が座ってじっと見てきたんで、猫と目と目で通じ合っちゃいました( ^ω^ )

写真のような可愛らしい猫でした( ^ω^ )

排水溝のところにいる猫って可愛いな♬って思ったのと一緒に、ふと疑問に思ったんだけど、

野良猫っていつもどこにいるんだろう?

だってですよ。

普段、公園や河原で見かけるけど、雨の日とかは絶対にいないじゃないですか?

ということはですよ。普段は見かける場所以外にいるってことじゃないですか?

じゃ〜、それってどこなの?ってなりますよね。

野良猫は眠る時や雨風をしのぐのに適した戸建ての軒下、車の下、資材置き場などの自分なりのテリトリーを持っていることが多いみたいです。

車を運転している人なら車の下は気をつけなきゃいけない問題ですよね。

猫は警戒心が強いので、車の下なら猫の方が気づくこともあるのですが、たまになんですが、今みたいな寒い時期には、子猫が暖かいからって理由で、車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいくということもあるみたいなんです。

そして、子猫が潜り込んでしまったことに、気づかずに発車しちゃって、大変なことになるということもあるみたいなんで、こういう時期はエンジンをかける前にボンネットをわざとバンバンと叩いてあげると寝てる猫はビックリ!(◎_◎;)して起きて逃げるので、念のため寒い時期はボンネットを叩いてあげるのが優しさになることでしょう( ´ ▽ ` )

普段、何気なくいる野良猫、でも、私たちと一緒の世界に共生している存在だという事を忘れずに生きていきたいですね。

 

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。