中国で急成長する 無人コンビニ

スポンサーリンク

人居なくて本当に平気と心配してしまうような響きの無人コンビニが今中国で増えてるんです

無人コンビニの始まりわ2016年8月に1店舗目、Bingo Boxをオープン

そのあと増えつずけてなんといまわ200店舗にまで増えている

最先端の技術が使われて居て

投資家さんも大注目して 大量の資金を援助している

無人コンビニ使い方わ?

入り口わロックされいて、アプリを起動してQRコードをスキャンし、公式アカウントをフォローする

電話番号や名前を入力して登録して、公式アカウントでスキャンを選び、QRコードを読み込むとドアのロックが解除される

決算方法わアリペイかWeChatPayを選択し、セルフレジで支払う

アリぺイとわの中国版PayPalって感じですね

日本でも使われるようになってきてるみたいですね

一連の流れわこんな感じみたいですね、自由に出入りできると勝手に想像してたけど、やっぱロックわされてますよね(。-∀-)

Bingo Box以外にも無人コンビニわあって、高度なテクノロジーが扱われている

顔認証やセンサーやお客さんが商品をかばんに入れる動作を認識、支払いゲートを通るだけで決済が完了する

最大50人まで同時に買い物できるという。

凄すぎてビビりました( ゚д゚)

中国にわ驚かされることがたくさんありますね

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。