スマホで自転車ながら運転!!

スポンサーリンク

昨年12月、スマートフォンを手に持って電動自転車に乗っていた20歳の大学生が、当時77歳の歩行中の女性にぶつかり死亡させてしまう事件が起こった!!

自転車って事故を起こした場合、どんな扱いになるんだろう?

何気に普段無意識に自転車に乗っているとあんまり考えたりしないものと思います。

まず、自転車って道路交通法で考えた場合、軽車両に扱われています。

軽車両というのは、原動機を持たない車両の総称。えっと、つまり、車と同じ扱いってことです。自転車っていうと、ぶつかっても大したことないだろうってたかをくくるように考えがちなんですけども、今回の事件ではないですが、平成25年に小学生が高齢者に衝突事故を起こし、意識が戻らなかった事故などでは、発生した賠償額9521万もの大金になります。うっひゃーʕ⁎̯͡⁎ʔ༄これって親からしたら本当頭がパニックになっちゃうよね!!

スマートフォンって身近で誰でも持っていて、とても便利なものです。

でも、乗り物を運転しているときに、操作するということは、絶対にダメ!!

他に自転車に乗っている時にはしてはいけないことを書いていきたいと思います。

1.飲酒運転

2.手放し運転

3.傘を挿した状態での運転

4.無灯火運転

5.イヤフォンを付けた状態での運転

自転車は自動車と違って強制加入の保険もないので、何か起こってからでは自動車の事故よりも大変な賠償額が請求されることがあります。

ルールを守って、正しく自転車に乗りましょう。

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。